引越し費用を安くした体験談

 

引越しをするためにコツを業者さんとも話をしましたが、見積もりは3社がいいと言っていました。

 

2つの業者だと、どちらかが高くてどちらかが安いのでだいたいの相場が分からないと言っていました。

 

たしかに、今回は3の業者に見積もり依頼をしたので、3つの会社が出す見積もりで相場が分かりました。

 

その中でどの業者を選ぶかは、結局営業次第だと思います。

 

金額はさほど変わりなく、安い金額の見積もりを自分の気に入った営業さんのところで相談し、同等の金額、もしくはなにか別でサービスは必ずしてくれるので、その営業さんの心意気次第なような気がします。

 

面倒なことも多いですが、必ず見積もりを取ることが大切だと思います。

 

そうするとこれから自分たちのやることも教えてくれるのでそれが引越しのコツだと思います。

 

とても親切丁寧でよかったです。

 

 

実際引越しをした業者の感想

 

引越し安い=簡単に実現できます!

営業の人はとても感じがよく、良くも悪くも金額のことは正直に教えてくれるタイプの人でした。

 

なのでほかの見積もりを取っていてもそれ以上は金額が下がらないとか、その金額ならもうすこし安くすることができるなど相談がしやすかったです。

 

そして当日に来た業者のスタッフさんたちはみんな若かったのですが、しっかりとやってくれました。

 

なにより元気がよく思っていたことをすべてやってくれたのがよかったと思います。

 

なかなか引越しは大変だと思っていましたが、荷物をつめばほとんどは業者さんがやってくれたので、とても助かったという印象があります。

 

また何かあった際はここに頼めればいいなぁと思いました。

 

引越し料金を安くするポイント

 

荷物は重くて大変な物だけを頼むと良いと思います。

 

軽い物は自分の車に積んでしまえるので、自分の移動と一緒に運べます。

 

ダンボールは、多めにもらえるので(新しいダンボールは枚数が決まっていますが、古いのは、いくらでも貰えます)、自分で運ぶ荷物用にも貰っておくと良いと思います。

 

洗濯機や冷蔵庫など家電は、それだけを頼んだ方が安い場合があります。

 

トラックに積む時に、洗濯機は、上に荷物をつめないので、場所をとってしまいます。

 

2ドアの冷蔵庫も同じです。

 

上に軽い物しか乗せられないそうです。

 

ヤマトなどで頼むと1万円もしないので、お勧めです。

 

引っ越しの掃除は、荷物を片付けながら一緒にした方が良いです。

 

荷物がなくなってからすると思うと時間が足りません。

 

新しい家の方に移動しないといけないので・・・。

 

荷物をつめながら、一緒に掃除してしまうのがベストです。

 

 

 

また、引越し先が自分に合うかもチェックしておきましょう。

 

関東には住みたくないですね。

 

事件も多いイメージがありますし、住民や観光客も多いから、事件や事故も多い気がします。

 

あとは公共交通機関が不便なところは、住みたくないです。

 

例えば、1時間に1本しか動いていない電車とか、タクシーもあまり必要とされてない地域はペーパードライバーの私には厳しいですね。

 

そんなところはないかもしれませんが…道路も、この道しかないんです!ってところも不便ですね。

 

クルマ通りが多いところも自転車で通るのは怖いです。

 

更新履歴